モノとココロのプロジェクト
11214190_873762639376473_472386572805829002_n

モノとココロのプロジェクトとは?

モノとココロのプロジェクトとは平成27年3月11日から開始している世の中に提案する新しい支援金を作る為のシステムです。 このプロジェクトは海外輸出をしている当社が気がついた世の中の無駄を支援に変える形であり、三方良しの支援の形です。 家で捨てるに捨てれないバックやぬいぐるみなどの物を当社が支援金に換金し、不用な物は主にタイを中心とした各国で リユース商品として流通します。 換金されたお金は支援団体ボランティア団体に寄付されます。

かいしゅうスキーム図

【モノとココロのプロジェクトVol.4のお知らせ】
今回は、Vol.2に続き、ネパール大震災支援活動へ寄付させて頂きます。
ご不要のバッグ・ぬいぐるみに続いてフィギュアの回収も始めました。
11214190_873762639376473_472386572805829002_n

Facebookページ

日時:2015年8月8日~9月30日

場所:ご不要の中古バッグ・ぬいぐるみ・フィギュアの持ち込み先

◆中央区
【北海道NPO被災者支援ネット】
札幌市中央区南8条西2丁目 市民活動プラザ星園201・受付時間:平日(9-18)8/17より

【リサイクルショップモノココ円山店】
札幌市中央区北6条西23丁目1-14・ 受付時間:年中無休10-21

◆豊平区
【一般社団法人北海道広域避難アシスト協会】
札幌市豊平区月寒西1条7丁目1-11・受付時間:平日(9-18)

◆厚別区
【リサイクルショップモノココ厚別店】
札幌市厚別区厚別西4条2丁目8-7トライアル1F・受付時間:年中無休10-20

◆東区
【蕎麦さとやま】
札幌市東区苗穂町10丁目3-15  水 11-15 水以外 11-15と17-20 tel 011-702-0139 http://soba-satoyama.com/

▽ご郵送の場合
〒006-0006 札幌市中央区北6条西23丁目1-14
(株)ルーツ・オブ・ジャパン 011-803-6445 本間宛 ※郵送費用は元払いのみとさせていただきます。

※ 回収場所(持込み先)のご提供のお願い
=A:札幌市内で、どなたに持ち込んでいただいてもOKな場所(法人様・公共機関)
→量や時期を決めて、弊社が回収に伺います。
=B:個人や団体、お店、サークル、町内会、子供会など
→お手数ですが、ご連絡の上、弊社、又は、お近くの回収場所まで持参頂きますようお願いいたします。量によっては、引取りに伺うご相談もさせて頂きます。

▽お問合わせ先: 株式会社ルーツ・オブ・ジャパン
011-803-6445 携帯080-4296-0467 担当:本間

◇コンセプト
「人の思いもモノの心も大切に・・」のコンセプトで弊社が行っている『モノとココロのプロジェクト』 これまでご提供いただいたバックやぬいぐるみは、主に第3国に輸出しリユースすることで、(不用品)が再び誰かの(愛用品)となり、廃棄の削減による環境保全にも繋がります。 (※国内でリユースされる場合もございます)

◇よくあるご質問
【バッグやぬいぐるみの種類や程度について】
OK→バッグは、ハンドバッグ、ショルダーバッグ、ビジネスバッグ、リュックサック、トートバッグ、旅行用スーツケースなどなど。大きさ・種類・材質は問いません。
OK→ぬいぐるみ、フィギュアも大きさは、問いません。
【お受けできない物】
NG→破損や極度のシミ、汚れがある物
NG→ぬいぐるみにプラスチックや陶器、木などが含まれるもの
NG→電池を入れるおもちゃのぬいぐるみ
NG→ぬいぐるみ、フィギュア、バッグ以外のもの
1001

【支援先について】=================

【ネパール大震災支援活動】
※前回【日本・ネパール友好センター】宛に寄付をさせて頂きましたが、今回、震災支援のための新たな口座【ネパール大震災支援活動】が開設されました。

先日、一時来日している代表のDilip(ディリップ・BK・シュナール氏)に、前回のプロジェクトの寄付金をお渡しし、 震災から3ヶ月以上が経った今でも支援が手つかずのシンドゥパルチョーク地区の話を聞き、再度、ネパール大地震の支援への協力を行うことにいたしました。

Dilipは、震災直後にバスを乗り継いでカトマンズに入って救援活動を行い、その後、シンドゥパルチョーク地区に単独で向かって、救援活動を続けました。 シンドゥパルチョーク地区はネパールでも最も甚大な被害を被った地域にも関わらず、山深いため、未だにどの国の救援隊も入っておらず、 住む家もなければ、食料も足りず、医薬品も入手できない悲惨な状態が現在も続いています。 なぜこの地域の救援活動が遅れているかという理由をDilip自身も書いていますのでリンクを貼ります。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=725160707612473&set=a.159005117561371.32453.100003556506112

※Dilipは、ネパール大地震の復興をめざし、8月9日北海道の苫小牧からフェリーで出発。翌10日より仙台から神戸の917kmを単独徒歩で縦断するチャリティウォークを行ういます。 阪神大震災、東日本大震災の被災地を訪問し、実際に現地の人と触れ合い復興に向けてのヒントやアイデアを、実際に震災を体験した土地の人々から吸収し、ネパールに届けるのが狙いです。 震災後、各地で支援活動をされていた方々、どこかで彼に会うことがあれば、お話をして頂けると嬉しいです。 ネパール大地震から3ヶ月。彼も当事者で、今なお恐ろしい夢にも魘されながら、支援とは何か? 迷い、悩み、そして「早く皆さんに恩返しがしたい・・」と言っていました。とても厳しい精神状態の中で、彼の選んだ道です。 各地での彼の単独歩行の様子は、今後、こちらでお伝えできますのでどうぞあたたかく見守ってくださいますようお願いいたします。

ディリップ・BK・シュナール
http://japanxnepal.org/japan/member/dilip-bk-sunar/

チャリティーウォーク
https://www.walkwithnepal.net/index.html

 

**********************************

 

【モノとココロのプロジェクトVol.3のお知らせ】
日時:2015年7月22日10:00 – 17:00
場所:札幌市地下歩行空間 北3条交差点広場広場(西)「ちっちゃな輪 販売会 in チ・カ・ホ」の会場内にてhttps://www.facebook.com/events/1443059599352492/

ご不要になったバック・ぬいぐるみの回収を行い、 弊社が買取した金額をそのまま寄付金として換金 2015年7月下旬、支援先へ直接、お渡しします。 (今回は、継続的な支援が必要と思われる「タイの希望の家」へ寄付します)
▽問い合わせ先: 株式会社ルーツオブジャパン 札幌市中央区北6条西23丁目1-14 TEL:011-803-6445  担当:本間 http://rootsof.jp/
◆バッグやぬいぐるみの種類や程度について ・バッグは、ハンドバッグ、ショルダーバッグ、布やビニールバッグ、ビジネスバッグ、旅行用スーツケース、ランドセル他、種類は問いません。 ・ぬいぐるみは、大きさは、問いません。 ※バッグ・ぬいぐるみとも破損や極度のシミ、汚れがある物はお断りします。
◆支援+たくさんのメリット 「人の思い・モノの心を大切に・・」のコンセプトで弊社が行っている『モノとココロのプロジェクト』 これまでご提供いただいたバックやぬいぐるみは、主に第3国に輸出しリユースすることで、(不用品)が再び誰かの(愛用品)となり、大量のゴミの削減による環境保全にも繋がります。
◆支援先について 「希望の家」 タイ王国、チェンマイ市郊外に、エイズや麻薬、貧困などで親を失った子供たちへ家庭の温かさと教育の機会を提供し、自立を支援する「希望の家」という養護施設があります。 弊社では2012年から食品やその他・物資の寄付を行っております。 昨年2014年10月に施設を訪れた時の弊社の社長の言葉です。 「この孤児院で引き取らなければ生きていくことすら困難な状況の子供たちがまだまだいるけれど、施設は今までにも増して資金難のようです。もう少し資金があれば、もっと多くの子供達の命を救えます。 https://www.facebook.com/events/1443059599352492/ 皆様のご協力をお願いいたします。 10659268_766680663399546_6878746258000323907_n

**********************************
【モノとココロのプロジェクトVol.2のご報告】 2015年5月20~6月15日 弊社リサイクルショップモノココ厚別店・円山店 および市内イベント会場・北海道NPO被災者支援ネットへのお持ち込みにより ご提供いただいたバック・むいぐるみ:約3t(支援金に換算して約120,000円) 次の3団体へ寄付いたしました。
☆ネパール 地震被害緊急支援募金(Yahoo!基金)
☆日本・ネパール友好センター
☆アウトドア災害支援チーム 結ぶプロジェクト ご提供いただいたバックやぬいぐるみは、主に第3国に輸出しています。
11695832_873802966039107_8028182050241915674_n


【モノとココロのプロジェクトVol.1のご報告】 2015年3月10~11日 東日本大震災により北海道へ避難している避難当事者団体へ寄付 地下歩行空間での震災支援イベントにてバック・ぬいぐるみを回収。 2日間で約1トン(支援金に換算して約50,000円)を避難当事者団体「みちのく会」へ寄付 その後も、会場に持っ て来られなかった方からの提供が続き、5月末日まで受付を延長。 tikaho1 5年目の3・11 11063052_798759953543409_1052900302_n

モノココ・タイランド店舗

モノココタイ営業VTR

facebook

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar