CSR

[NEW!]モノとココロのプロジェクト

不要なバックやぬいぐるみを個人からご提供いただき、キロ換算で募金へと換金させていただいております。
ご提供いただいたバックやぬいぐるみは主に第3国に輸出させていただきます。
~不要なモノを必要としている人がいます~
お持ちいただいた、バック・ぬいぐるみは、海を越えて再びどなかたによって愛用されることでしょう。人の思いと物の心を大切に!新しいモノの再生のカタチを提案。

2015年3月10~11日
東日本大震災により北海道へ避難している避難当事者団体へ寄付
地下歩行空間での震災支援イベントにてバック・ぬいぐるみを回収。
2日間で約1トン <支援金に換算して約50,000円>を避難当事者団体「みちのく会」へ寄付
その後も、会場に持っ て来られなかった方からの提供が続き、5月末日まで受付を延長。
tikaho1
5年目の3・11
11063052_798759953543409_1052900302_n

2015年5月20~6月15日
ネパール大地震支援
ネパールの大地震で大きな被害が出ており、胸を痛めている方も多くいらっしゃ ると思います。
バックやぬいぐるみのご寄付いただき、弊社が1キロあたり40円で買取、義捐金として換金。
次の3か所に寄付をします。

☆ネパール 地震被害緊急支援募金(Yahoo!基金)
http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630016/
☆日本・ネパール友好センター
http://japanxnepal.org/japan/
☆アウトドア災害支援チーム 結ぶプロジェクト
http://musubu-project.com/
ご提供いただいたバックやぬいぐるみは主に第3国に輸出させていただきます
11350191_835445903208147_1762353145_n

☆ネパール 地震被害緊急支援募金(Yahoo!基金)
http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630016/
☆日本・ネパール友好センター
http://japanxnepal.org/japan/
☆アウトドア災害支援チーム 結ぶプロジェクト
http://musubu-project.com/

 

[国外]

孤児のための施設「希望の家」への支援、物資提供

タイ王国、チェンマイ市郊外に、親を失った子供たちへ教育機会と住居を提供する「希望の家」という施設があります。当社では2012年から食品やその他・物資の寄付を行っております。

2011年タイ洪水への支援

2011年タイの洪水発生後、支援団体を即座に立ち上げ、義絹金や支援メッセージを届けました。その際、現地でチュラーロンコーン大学、地TV局チャンネル9、アユタヤ知事と支援の打ち合わせを致しました。

タイ北部寒波への支援

昨今地球環境の変化に伴い、冬季はタイ北部を寒波が襲い、凍死者が出る災害も多々あります。その際、当社より不定期で、高度の高い山に住むタイ少数民族の村々に毛布等を提供致しました。

フィリピンでスラムに住む子ども達に薬と治療を

マニラ市郊外に、スモーキー・マウンテンという世界最大級のスラム街があります。ゴミ山周辺で暮らす子供たちは30%以上が5歳の誕生日を迎える事なく、様々な病で亡くなります。当社は、子供達が適切な治療を受けられるよう、マニラ市の病院(Matati Medical center)に売上の一部を薬代として寄付しています。

2012年12月15日にフィリピンのバタンガスでTeam Japan Pcga 事務局と合同で大規模な支援イベント「1万人炊き出し」の支援活動を行ってまいりました。

国内における各種社会貢献、支援活動

被災者避難者への救援物資の提供

当社は震災の翌日より、被災地に救援物資を発送いたしました。

また、着の身着のままで北海道へ避難されてきた方への生活物資の提供や無償貸与を行いました。

被災避難者の雇用

正社員含む14名の避難者の雇用実績がございます。

未就学児を抱える母子避難者の方でも負担が少なく短時間でも働けるフレックス制度を導入。

震災被災支援イベント「ようこそあったかい道」への協力

542693_494856187246062_594673181_n

10363682_796651850420886_6521675918129675725_n

当社は東日本大震災の直後から「ようこそあったかい道」に全面的に協力して参りました。

当社の代表取締役社長湊源道が実行委員長として、累計200以上の団体とともに計6回開催致しました。 札幌市長、多くの国会議員の方々から、避難者サポート活動を高く評価されました。

様々な被災者支援団体やプロジェクトの設立とサポート

上記イベント運営団体「あったかい道」を始め、避難者互助組織「みちのく会」、避難者受け入れ団体「北海道広域避難アシスト協議会(現:一般社団法人 北海道広域避難アシスト協会 )」等様々な支援団体に企業協力しています。

その他の社会問題への取り組み

東日本震災以前から、当社では様々な社会問題に取り組んで参りました数々のメディア取材や講演会の実績があります。 特に、無縁社会や独居世帯、孤独死などに焦点を当て、公演活動を行わせていただいております。

また、ゴミや不用品を使うアーティストへの資材提供や、子供を対象とした課外活動等を支援しています。 札幌市近郊の福祉施設への、リサイクル品(新古品)の寄付を行っております。

 

関連新着記事

【モノとココロのプロジェクトVol.3のお知らせ】

日時:2015年7月22日10:00 – 17:00 場所:札幌市地下歩行空間 北3条交差点広場広場(西) 「ちっちゃな輪 販売会 in チ・カ・ホ」の会場内にて https://www.facebook.c […]
コメントなし

モノココ・タイランド店舗

モノココタイ営業VTR

facebook

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar